流星オールナイト~未来の破片~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 
いつか是非これをやろう!!

http://www.youtube.com/watch?v=D00AqEVlF8Q
スポンサーサイト
 
29
 
久々の更新。

結局1週間以上毎日大学行って、勉強プラス何かしらしてる。

明日も登校だーぃ。そんなわけで毎日帰ったら疲れて更新しませんでした。




明後日からは夏旅行。故に今だけでも書いておこう。






自分の人生の最優先事項は、成長である。

人は何のために生きているか?  それは成長するため。


こう僕は思う。思ってる。

けど、最近どうもしっくりこないから、考えてて、でた答えは

人の役に立つこと。

昔から持ってたこの要素が足りてないことに気付いた。最近コレが足りてないからイマイチだったらしい。

けれど気付いたことがもう一つ。

人の役に立つ、だけじゃダメ。

やっぱり自分の成長という実感、感覚がないと面白くないと感じてしまう。わがままだけど。



ということでわかってしまった。

僕はこの2つの要素だけを求めればいい。求めたい。

マジでシンプルな形に収まったのですっごく心地よい。

なんだ、こんなに簡単なことだったのか、と。

迷ったらこの2つの軸を頼りにすればよい。



なんだか、いい感じだ。



D-chi
 
27
 
大学図書館なう。

更新が滞っていますが、ブログの右側にツイッターをようやく設置したので、それで気を紛らわせて下さいww
いつか設置しようと思い続けてやっとしましたー(汗



最近重いパソコンの持ち運びと、野球で体が重い、久々の疲労感。


でも最近楽しい♪





あ、ツイッターはPCからでないと見れないです、あしからず。



では、食堂行ってきますw
 
20
 
例えば目の前に、大きなチャンス、機会が転がり込んできたとしよう。

それはとてもとてもビッグなチャンス。これを逃すともう二度とこないかもしれない。

例えば、あるセレブなパーティーに招待されたり、ある大企業のGMとしてオファーがきたり、新内閣の組閣メンバーへの選任だったり・・・etc。

これらを現時点での自分の能力、ステータスで判断してみよう。果たして即OKの返事が出せるだろうか。

どれも魅力的なオファーだが、尻込みしてしまうのではないか。

口ではチャンスがあればそれを掴みにいくと言いながら、いざその決断の場面となると躊躇してしまう。何も上記ほど規模が大きなものでなくともよいけれど。

もう少し自分が成長してから・・・。もう少し自分に自信が持てるようになったら・・・。

そう考えてしまうのではないか。

僕ならそう考えてしまいがちだが。







強くなりたい。切にそう願う。



あなたなら、どうしますか?
 
18
 
体脂肪率が5%でした。半年前から半減です。
例年夏は、体重は2、3キロ減。体脂肪率も2、3%減るわけですが、今回は異常値。猛暑が僕に襲いかかってきたのでしょうか。まぁ体に異変はないからいいけども。

そう言えば今年は猛暑日が激増らしいですね。毎年そんなこと言ってる気もしますが。

とはいえ毎年夏は屋外で部活が当たり前という感覚が未だ染みついているため、たいして気にはならないですね。

まぁ熱中症で亡くなる高校球児始め、その他スポーツマンの訃報には、どうにかならないもんかなと思います。




話は変わって

日本の第二四半期のGDP成長率が激減しました。半端なく落ちました。アメリカも落ちました。
ここへきてさすがに各国伸び悩みでしょうか。

そんななか、EUが好調です。

ギリシャ問題でユーロ安のため、輸出が絶好調です。ついこの間まではギリシャ問題を火種に、欧州崩壊の危機とも騒がれてたのに、ふたを開けてみれば、対照的なこの成長率。

経済って面白いなと思った今日この頃。


以上。
 
17
 
今日父親が仕事から帰ってから、約1時間ほど車を運転させていただきました。今日はそのためだけにここに留まったようなもんです。

卒検以来、約4ヶ月ぶりの運転はとても楽しかった。高速もちょい乗って多少疲れたけど。。。
でもバックで車庫入れとかは練習必要なり。



っとまぁ、これで思い残すことはなくなったので、明日帰る。

何度も言うけど、ここは素晴らしい場所です。実家も最高に心地よい。

だけど、それ故に、僕はここにいればいるほどダメになってしまう。

この最高に平和ボケしたくそ居心地のいい空間は、僕には早すぎる。老後で十分。

いつ帰ってきてもこの空間というか、ここの平和だなぁという感覚は変わりません。

けれど外の世界は確実に動いている。その変化がここでは感じ取れない。それが一番怖い。

全部少しずつ変わっている。

母親がちょっと老けたかなと思います(夏に弱いってのもあるけど)。弟はいつの間にか僕より大きくなってる。愛犬も衰えた。後輩とお酒飲む日がくるとはね。

全てが少しずつ変わっている。よくわからないけど、ここではそういった変化をノスタルジックに捉えてしまう。
別に悪いことではないけど。




とにかく

ここにいても自分の成長は望めない。

だからさっさと帰る。




日々反省、日々精進
 
14
 
8月13日金曜日@防府

13日の金曜日。

久々に4人が揃う日。ちなみに同日開催予定の同窓会は人数不足で中止になったそうです。まぁ花火で行けない僕としてはむしろ都合がいいのだがww


まずはボーリングー。結構思い通りに投げられた。まぁ相変わらずスコアはぼちぼちだけど。

右の爪が決壊したのもあって左で投げてストライク取れたのは嬉しい♪

やっぱ3ゲームくらいがベストです。それ以上はしんどい 汗




んで、色々省略して、花火の話。


神戸に行って、みなと神戸や、PLの花火大会も観て、やっぱり関西もすげーなって思って。特にPLは規模が怖ろしい。遠くで観てあの迫力は反則です。

だけども

やはり一番近くで観ることができるのは関門花火大会。

その息つく暇もないほど次から次へと打ち上げられる閃光の彩りもさることながら、

なんといっても一番の魅力は音。

音という要素がこれほど重要だとは気付かなかった。異なる花火大会を見て、今回気付いた一番の収穫。

単に音が大きくて迫力があるから。そう言う一言では終わらせられない。何より振動が凄い。大きければ大きいほど、ほんとに自分の心臓に向かってくるパワーを感じる。なんというか、そのビリビリとした振動は、物理的に鳥肌もんで感動するだけじゃなく、ほんとに僕の心を揺らしてきた。

本当に感動するものは、自分の心を揺るがす。それは知っていたし、経験もしてきた。

けれど花火で感じたことはこれまでなかった。これまでは綺麗だな、すげーなと思ってただけ。



改めて、花火はアートだと思ったし、芸術・アートは人を感動させるものなんだと、肌で感じることが出来た。


自分の人生を最高のアートにする。そう宣言している人がいるけど

その意味がようやくわかった気がした。

最高のアートを目の当たりにすると、そう思わざるを得ない。

僕もそうしたい。打ち上がる花火を見ながら強く思った。

一瞬。ほんとに一瞬だった。

けれども本気で輝くものは、人を感動させられる。




自分の人生を最高のアートに仕立て上げる!!
 
14
 
実家帰ったら、先日観損ねた金曜ロードショー「サマーウォーズ」を録画してあったのですぐ観ました。

素晴らしいです。


だけでは何も伝わらないので、適当に知らないブログから感想を拾ってきましたww

結構長いです 汗




なんか、感想を一言で表すなら「面白い」じゃなくて「雷に打たれた」という表
現が適切なような。
息もつかせぬ展開に圧倒されながら、純粋さを失って焼け爛れた心でワクワク感
と鳥肌と感動と興奮の理由を考えてましたよ。
あと俺が10歳若かったら純粋に楽しめたかもしれませんね。

まずセンス。OZという設定とそのデザインです。
異様に凝ったGUI、っていうのはコンピュータが重要な役割を担う作品でよく
突っ込まれることですが、それが完全に魅せるためのものでしたね。
ドラゴンボールみたいなアクションも、現代日本という世界観の中で使えます
し、お城の中に閉じ込めるような象徴的?表現も使えますし。

でも、なによりもセンスを感じたのはアバターのデザインです。
登場人物の特徴を押さえてて、いちいち説明しなくても誰が誰なのか分かってし
まうwww
どうやったらこんなにわかりやすく、かつうまい具合にアバターに投影できるの
かなと。
センスといえばこのアバターのビジュアルですね。やっぱり。



それから、話のテンポの良さ。
最初の「バイトしない?」の下りからおばあちゃん登場まで10分くらいですかね?
あそこでオープニングを挟みながら、主人公を作品の舞台にあっという間に連れ
ていってしまう。
しかも、その時点で基本的な設定が大体理解できちゃうというのがすごい。
冒頭の脚本練られすぎですよ。

んで、実際に話が始まっても事件発生から日本中の混乱。ここでOZの説明を織り
まぜながら、ハイパーおばあちゃんタイム。
この後さらに薙刀振り回した90直前のおばあちゃんがコロッと死んじゃうんだか
らもう……

しんみりするシーンも縁側でみんなが沈んでいるところだけで、葬式の準備でバ
タバタと。
確かにこんな感じでしたよ。うちの曾祖母が死んだ時も。
そのバタバタの最中から戦闘開始。息もつかせぬテンポの良さです。



このテンポを支えるのがキャラクターの魅力。
主人公の特技が数学、というのも珍しいですよね。そういや「L change the
worLd」は主要人物が数学の天才でした。
「Q.E.D.」とかもそうかな?読んだことないですけど面白いんですかね?
けど最後はやってくれました。
数字の羅列だけで、なにを目的にどう解いてるんだという野暮な疑問は出します
まい。
地味でさえない主人公なのに、ここまで主人公オーラ放ってるんだ!

ヒロインもカッコいい。夏希先輩結婚してください。
最後の勝負が花札というのは上手く使ってきましたね。単純ながら燃える展開です。
おばあちゃんの手ほどきを受け、連戦連勝の夏希。
一瞬の手違いから負けてしまった夏希。
絶望する夏希に、手を差し伸べる世界中の人々。
このベタ展開で鳥肌ぶわってなった自分ですが、いや、これで鳥肌立たない方が
おかしいよ。
世界中につながるネットワークというOZの世界設定が生きている展開でもありま
すし。

このとき主人公は地味でしたが、世界を救って終わり、ではないというのがこの
作品の魅力。
テーマはあくまで「家族を守ること」なんですよね。
途中で死んでしまうとはいえ、というか、むしろ途中で死んでしまうからこそ
の、おばあちゃんの独特の存在感。
これを魅力と言わずしてなんと言いましょう。
健二と佳主馬を中心にOZ世界での混乱を描きながら、それと対比するようにダイ
ヤル式の黒電話で日本中の知り合いを励ますおばあちゃん……
テーマでのひとつである「家族」をまとめあげるあの威厳。
創作なのに、しかも物語の中盤に差し掛かる辺りで退場するのに、どうしてあん
な威厳が出るんでしょうね。

佳主馬は最初ボクっ娘かと思いましたが、おばあちゃんが死んだ直後くらいに男
だということに気づきましたwww
ああ、クラピカじゃないんだから……結局クラピカの性別は謎のままですし、一人
称は「私」ですけど。
キング・カズマってうさぎなのになんであんなにカッコいいんだ。こいつもなか
なか熱いキャラです。少年漫画の主人公になれそうだ。
実際にコンプエースでやってるマンガの主人公だそうですが、これ、まだ1巻し
か出てないし買ってみてもいいかもしれない。

侘助は物語のキーパーソンでしたが、一応「プログラムの制作意図に悪意がなけ
れば、それが悪用されてもプログラマーは責任に問われない」と最後にフォロー
されててよかったです。
プログラマーの卵として、そこはきちんとしてほしいなという思いがあるので。
まあ包丁を使った殺人事件と同じ理屈です。
ばあちゃんが死んだとわかった瞬間大急ぎで戻ってくる描写が最高でした。
あの場面こそ「家族が一体になった瞬間」じゃないかと思います。ベジータや海
馬社長みたいなただのツンデレではありませんでしたwww
むしろラブマシーンの開発者であるからこそ、最高の味方を得た気分ですね。
そこからみんなでモンスターマシンの前に座ってラブマシーンと戦う描写の一体感。
侘助をボロクソに言ってた家族のみんなはどこに行ったのか、いつの間にか一緒
に戦ってる。

最後に、万助もよかったですね。声を聞いた瞬間CV:永井一郎(サザエさんの波
平役の人)とわかりましたが、ほんとこの人すごいよなあ……
波平のせいで頑固親父のイメージが強いですが、吹き替えのダンブルドア先生と
かもやってるし。
作中一番の熱血キャラがジジイというのもよかったです。
「やっちゃいました」の下りでDVD消した人、そこに直ってくださいw



魅力ある世界設定にそれを無理なく説明するストーリー構成、危機から世界を救
うとかあこがれの先輩と……というお約束、おばあちゃんという不思議な魅力のあ
るキャラクター、そして最後はテーマに帰ってくる。
実際の地名や企業名を使うことによるリアリティ、そして情景をはじめとする作
画の美しさ(おばあちゃんがなくなった朝の朝焼けなんか最高ですし、入道雲の
描き方も美しい)、かと言ってあくまで絵が脇役に徹するクセの無さ。

マジでこれ劇場で見ればよかった……
去年の夏劇場で見た映画といえばアルセウスですが、もうこのままこれも見れば
よかったんだよ。
予告編やってたし……面白そうだとも思ったのに……



以上。

 
11
 
結局てんやわんやしてて学科のお勉強出来ず、お盆明けに試験受ける。
だ け ど

教本忘れた( ´△`)






そんなこともあるよね。

今朝準備して飛び出してきたらそんなこともあるよね。





いいんだよ、どーせどーにかなるんだから。



こっち来たってやるこたぁ変わんない。




最高。




ダイチ
 
08
 
おっと、どうやら気持ちがようやく乗ってきたぞ♪


なんだかいい感じだ。しばらくエネルギッシュにいけそうだ

もうすぐ帰省だということが若干不安ではあるが笑

この勢いを消さないように気をつけよーっと




当面の予定として

・やはり本を読もう。毎日。本である必要はないのだが、貪欲にinputを継続するという習慣づけのために。最近ほんと怠け過ぎ・・・

・英語やろ。うんやろう。コレは必然的に。

・心理、脳科学。日常生活を豊かにするため。やっぱり自分の心、体を自在に扱えると絶対便利なはず!!







あとは六実もやる。ぬかりなくやる!!




ふぁいと!

プロフィール

Daichi

Author:Daichi

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

御意見、御要望、何でもお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー

カウンター

検索フォーム

ブログランキング

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

広告

紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。