流星オールナイト~未来の破片~

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
28
 
触れれば触れるほどに

考えれば考えるほどに

頑張れば頑張るほどに


より選択肢は広がり、より視野は広がり、自由も増える

その反面、

より迷い、より打ちのめされ、より絶望は深まる









刺激のない人生はつまらない。幸せではない。


夢とか目標なんて、崇高でかっこいいもの以前の問題




自分の心も脳も体も本能も、いつだっていつだって過去だって今だって未来だって、刺激を求めてる、明確に。


理論的にも感情的にもこれは正しかろう。




何の刺激もない空間に人は投げ込まれると

人は幻覚や幻聴に遭遇すると言う。


脳が無理やりにでも刺激をねつ造するからだそうだ




そんな虚構の刺激なんて感じてないで



もっとリアルでもっと色んな刺激を脳に与えてあげたい



いや、そんな理論的なこと考えなくたって



もっともっと困難、苦難に直面したいし


もっと絶望の淵に彷徨いたいし


そっからの急上昇を体験したい



いちいち考えなくたって、心がそれを欲してる




感受性を豊かに


心を刺激で満たしてあげたい

陳腐な言い方をすればそんなもん。






よりメッセージ性が強く



より自分のリアルを揺らす



よりランダム性の強い何か






それでいい




それがいい






Daichi


スポンサーサイト
 
25
 
読書ばかりしてると、どうしても抽象的世界にはまり込んでしまう。

世俗を脱するとは言わないけど、何かにつけて文字ばかり見ているわけだから、人間はもちろん、風景とかですら見る機会が少なくなってしまう。

抽象的世界というか、思考することが多い世界というか、とにかく動物なりヒトなりという生身のものと接する時間が少ない、最近。これ、危ないかもw



というわけで先日の新歓コンパは久々に多くのヒトに触れた気がするw
そして久々にお酒を飲みました。健全w



今年の新歓期は、とても穏やかに過ごすことが出来た。負のエネルギーをだす人が少なくなったからだろう


新入生が入ってくるのはすごい楽しみ。

刺激として、異質なものとして、何かしらの変化を集団にもたらすのは間違いない。これがどのくらい波及するのか?集団内のバランスを変化させるだけなのか、集団からのアウトプットをも大幅に変化させるのか。。。


どちらにしても手を加えるつもりは今まで通りないし、見守っていくのが楽しみ^^

ただ、自分がより良いと思う方向へのヒントくらいは出すけどね





ぼちぼち、自分の使命だと思ってることに注力する時期かも

世俗に戻る時間です
 
22
 
自分が変わることで世界が変わる、ということを知らない人が多すぎる。と、養老孟司さんはおっしゃっているようです

目の前の問題を解こうと思ったら、あらゆる学問の力が必要になる。by茂木健一郎







なんとも、厳しいお言葉w

もう脳がパンクしそう。。。




中学の頃、駅伝してた頃いつも大事にしてた言葉を久々に思いだしたのでメモしとく


「ペースを緩めたくても維持し、歩きたくても走り続け、立ち止りたくても歩く」


要は限界の一段上を維持し続けるのです
この言葉を聞いて以来、走る時は基本的にこれ守ってます。

故に、ペースを緩めることを知らないおバカさんでもあるのです。

ペース緩めるくらいなら、心臓張り裂けて死んだ方がマシだと思ってたキチガイでもあります。いやマジで。



けれどそんな力加減を知らない少年も、結局生きてるのです。

思えば小学生のころから、無理して走り続けて酸欠でぶっ倒れたり、

中学は結局膝を痛め、

高校は腰痛を患いヘルニア一歩手前まで無理して。





けれど結局楽しい思い出しか残ってないし。



本能的に無理することが好き♪




というわけで、全然論理的じゃないけどしばし走り続けよう、年甲斐もなくw



Daichi
 
18
 
読後レビュー


・まずキャバクラと性風俗店は全く違うということ。どうやらキャバクラの世界にはきちんとしきたりがあるようで。

・性風俗店は、マズローの言うところの生理的欲求で、キャバクラは所属や愛情の欲求、みたいな。確かにこれでは全く違うことになるな、と。

・その時代を代表するお客さんが来るというのが面白かった。バブル期は不動産業者が多く、今はベンチャーなどの会社経営者、成功したデイトレーダーなどもいるそうで。

・不景気に強い、というのも興味深かった。まぁアングラ系に景気は関係ない、ってのが近い考えかもしれない。

・全般的に、ただのキャバクラ解説本な気もしたけど、これはこれで普通に面白かったww


たまにはこういうのもいいかもw



 
18
 
というわけでね、やたらと読書lifeを満喫してるし、結構満足なんやけど、


問題は、それがベストかって話ね。


現在、本を読んでる理由は、

・スコトーマ(盲点)を外すこと

・普段触れない価値観、分野にどれだけ多く触れるか

・自由になる


の3点が主なわけで。というか全部一緒なわけで。



思考の源泉は全て記憶からくる。

自分の記憶、認識のパターンを1つ増やすだけでも相当な組み合わせができるから、それだけでも大きい。
これは脳科学者の池谷裕二さんの言葉。



ああああああああああ


もっと書きたいことある。。。。。



明日か明後日にはまとめたい。


そんでオススメの本も紹介できたらいいな







最近暖かいのであまり寝なくても大丈夫になりました。

やっと冬眠から目覚めました!



Daichi
 
18
 
いつからこのブログはこんなに閑散とした更新頻度となってしまったのだろうか

今月はほんとに更新してませんね。ちなみに先月は最低記録更新しました

けど高校の時にも一か月以上更新しなかったこともあるので、まぁ許容範囲でしょう。




最近は専ら読書です!そろそろTOEICに傾倒する必要があるけど、それが惜しいくらいに読書が楽しいので活字とラブってます。

オーディオブック合わせると、一日に1~3冊くらいでしょう。


そんでこの年になって漸く小説をまともに読み始めました

伊坂中毒なんで、伊坂も最近5冊くらい読んでしまいましたが、出来れば他の作家も読んでいきたい


誰かオススメをお教え下さいw





最後にオススメを載せときます。

伊坂幸太郎、初の青春小説です。正直驚いた。伊坂さんもこんな小説書くんすね。。。



 
09
 
怒りを力に


怒りを原動力に



なんて、それはお釈迦様曰く、未熟らしい。



怒るのは自分が未熟だから。


怒るの顕在意識と潜在意識との間に矛盾があるから。



怒りにの先に喜びや楽しみの感情は生まれない。



人の感情は大別すると


怒りと、愛情。



じゃあどっちを基礎にして生きた方が楽しいかは明白だね




思いだせ



思いだせ



自分が好奇心だけで、


純粋にワクワクと喜びとやる気だけで生活してた時期を。






久しくゴールの世界や、



目標とする世界と離れてた。





戻ってこよう




戻りたい



復旧ではなく復興を。




滲み出る寸前の



溢れだす寸前の



内なる闘志をフル稼働させる。

プロフィール

Daichi

Author:Daichi

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

御意見、御要望、何でもお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

ついったー

カウンター

検索フォーム

ブログランキング

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

広告

紹介

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。